歌と健康 表情筋トレーニングのはるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなblog > 自分でできる♡やさしい呼吸訓練法⑵

自分でできる♡やさしい呼吸訓練法⑵

2020年5月21日[記事URL]

『呼吸』とは …
「吸って吐いて」がワンセットになっていると思っていませんか?
子供の時から誰もが行ってきた「ラジオ体操」の終わりは深呼吸
「吸って吐いて」の順番で繰り返し行いましたね
その影響からか『呼吸』の順番を吸ってから吐くと思っている人が多いです

しかし『呼吸』とはその字が示すとおり「吐いてから吸う」のが正しい順番です

『呼吸』とは …「呼気」「吸気」
・「呼気」
とは息を吐くこと
・「吸気」
とは息を吸うこと

体の中に空気が入っている状態でさらに空気を吸おうとしもたくさん取り入れることはできません
先ずは空気をしっかり吐きってから吸うと大量の空気を体に取りこむことができます
意識さえすれば誰でも簡単に行えます

練習方法
① 肩の力を抜いて正面の少し離れた方向に視線を向けて自然に立ちます
② 唇をかるく小指が入るくらい上下にあけて “おへそ” あたりに意識を集中させながら息を「スウー」と音をさせながら吐き出します(この時上下の歯は軽く触れた状態です)
③ 息を吐ききったら唇をくっつけて鼻からゆっくり息を吸いこみます( これを3回繰り返してください)
息を吐きだすときはお腹がへっこんで息を吸う時にはお腹が膨らんでいることを確認して下さい(正確にはお腹周り全体・腰回りまで動いていれば正解です)
④ 次は同じことをしながら息を吐きだす時にお尻の穴にキューッと力を入れて行いましょう(お尻の穴が2センチ位ひきあがる感じです)
このようにすることで吐き出す空気の量とスピードが増えていることを感じてください
ゆっくりリラックスした気持ちで繰り返し行いましょう

1回に行う回数は5回程度でよいです
1日数回行って体に感覚を覚えこませましょう
回数をたくさんするのではなく 体を大きく使うことがポイントです

正しい腹式呼吸は歌の基本です 


腹式呼吸で歌うと喉への負担が少ないので一生歌い続けることができます (^^)v

新鮮な空気を体に取りこむと全身の血流も良くなりますから健康にも良いです
継続すると顔色も良くなりますよ
またリラックス効果やリフレッシュ効果も … 気持ちが解放されます
気持ち良いですからマイペースで続けてくださいね

気がついた時に短い時間で取り組むことができる『呼吸の訓練方法』
健康維持のためにも是非習慣にしてみてください

 

お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の次の記事


PageTop

新着情報
カテゴリー
『毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング』 動画DVD付きだからわかりやすい!毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング
健康!元気!いきいきレシピ
このページをお友達に知らせる