歌と健康 表情筋トレーニングのはるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > 「芭蕉布」と “芭蕉の木”

「芭蕉布」と “芭蕉の木”

2021年7月31日[記事URL]

夏になると歌いたくなる … 「芭蕉布」

とても美しいメロディですが … この曲は歌唱がかなり難しいです
それでも南の国 沖縄へ思いをはせながら「頑張って歌いたい!」と思わせてしまうのは何故?
そんな魅力にあふれる曲を今年もみんなで一緒に歌って過ごしています

音楽の力って偉大 … とっても素晴らしいですね

海の青さに 空の青
南の風に 緑葉の
芭蕉は情けに 手を招く
常夏の国 我した島 沖縄(うちな)

首里の古城の 石だたみ
昔を偲ぶ かたほとり
実れる芭蕉 熟れていた
緑葉の下 我した島 沖縄(うちな)

今は昔の 首里天じゃなし
唐をつむぎ はたを織り
上納ささげた 芭蕉布
浅地(あさじ)紺地(くんじ)
我した島 沖縄(うちな)

 “芭蕉の葉” の繊維から織られた「芭蕉布」
天然の素材で張りがあり さらりとした軽い着心地は高温多湿の沖縄の夏に最適です

“芭蕉” はバナナの仲間で関東以西であれば地植えで越冬できます
バナナそっくりな木で “ジャパニーズバナナ” と呼ばれます

私がたまに車で通る道沿いに “芭蕉の木” があります


高さは4m位あるのではないかと思います
大きな葉は1m以上ありますが風が吹くと破れてしまいます

“芭蕉” には実芭蕉・花芭蕉・糸芭蕉があり「芭蕉布」は糸芭蕉から作られます
国指定の “重要無形文化財” の認定を受けている沖縄の伝統工芸品の高級織物「芭蕉布」

南の国に思いをはせて歌うととっても気持ちがよいものです (^^♪

コロナ禍のストレス発散と気持ちの切り替えになりますね
環境を整えながら笑顔で歌って健康維持に努めましょう!

“ハーモニカ” を吹きながら… 喉&首の筋肉トレーニング

2021年7月14日[記事URL]

“ハーモニカ” を吹くとで呼吸と嚥下に欠かすことのできない大切な筋肉をしっかり強化できるのを知っていますか?

昔 … 幼稚園や小学校の低学年の音楽の授業で吹いた “ハーモニカ”
懐かしく感じられるのは50歳を越えられた方でしょうか ♡

この “ハーモニカ” 「健康維持&健康アップ」に一役かいます

「正しい腹式呼吸」と食事の飲みこみに必要な「喉&首の筋肉トレーニング」が簡単にできちゃうんです (^^)v


これはお手頃価格の「教育用ハーモニカ」

上下2段ありますが下の段はピアノで言うと “白鍵” で上の段は “黒鍵” です
この ハーモニカ” 1本あればどんな曲でも演奏できます (^^♪

久しぶりに懐かしいメロディーを演奏してみました

浜千鳥

この2曲を吹いてみたら … かなり体力が必要です
2曲吹いたところでちょっと休憩 … 腹式呼吸と首の筋肉の運動量が多いですねえ …


鏡に映った「首の筋肉」を見るとしっかり動かしているのがわかります

「腹式呼吸」「呼吸筋」「肺機能」「肺活量」のトレーニングに加えて「首」「喉」「口輪筋」や嚥下に必要な筋肉を一緒に鍛えることができます

♫ ふるさと
♫ 知床旅情
♫ おおスザンナ

美しいメロディーを奏でながら 💚リラックス効果も感じられます (^^)
ポケットに入るサイズですから持ち歩きも可能です

長引くコロナ禍での “おうち時間”
様々な筋肉を鍛えながらストレスや緊張から解放されるひとときにつながりそうです (^^♪
心身の疲れがほぐれると自然にお顔の筋肉も柔らかくなります

またうれしいおまけが … “ハーモニカ” を吹くと気になる顎のラインもすっきりとひきしまりますね
酸素をしっかり体内に取りこめるので相乗効果も感じられるはずです (^^)v

私の感覚ですが … 毎日2曲吹くだけでも効果があらわれると感じています

マイペースで楽しみながらステキな時間が増えそう … ワクワクします ♡(^^)♡

蝶々チューリップきらきら星 からスタートするのも一案ですね
吹いているうちに自然にレパートリーも増えるはずです

“ハーモニカ” を吹くと歌う時に必要な筋肉を正しく鍛えることができます

短い時間でもかまいませんから継続することをおすすめいたします
健康への正しい道標でもあります

ご参考までに …
今回私がおすすめのハーモニカはTOMBO CHROMATIC N0.1577/s-50

今年の夏 … 少しでも笑顔の時間が増えますように願っています 💗

「コロナ禍のフレイルのサイクル」

2021年6月13日[記事URL]

長引く自粛生活が健康にもたらす影響が気がかりです

親しい人とのコミュニケーションが限られてしまう生活は今後もしばらく継続的に続きます

「コロナ禍のフレイユ」は高齢者に限ったことではありません
生活スタイルの変化が心身に与える影響をみつめながら “対策&工夫” に努めましょう
分かりやすいように「コロナ禍のフレイユのサイクル」を示してみました


緊急事態宣言により “外出の機会が少ない” ので行動範囲が極端に減少しました
“活動量減少” は脚力だけではなく全身の筋肉にも影響します
高齢者はたった2週間ほどでも “脚の筋肉が3.7%減少” してしまうのです
意欲がわかず無気力状態になると “食欲も低下” して “低栄養” に …
“体力&気力ともに低下” してしまい更に外出しない傾向になり『負の連鎖』が起こります

『悪循環のサイクル』が続いてしまわないように生活することが大切です

私がこだわっていることのひとつに「一生健脚」があります
簡単で長続きする方法として日頃から私が行っている方法は …
・正しい姿勢と大股で少し早めに歩く
・駅の階段はお尻の筋肉も意識してしっかり上る(できる限りエスカレーターは利用しない)

体に良いことを意識しながら続けていると爽やかな気持ちになれます (^^)
自粛生活で電車を利用する機会が減りましたので今は家の中で “バランスボール” しながらストレッチをして過ごしています
体幹も鍛えられますよ (^^)v
急に暑くなってしまったので熱中症や日焼けが気になりますがこれなら安心です
まもなく訪れる梅雨の時期でも継続できますね

皆さんも自分の身体をコンディショニングしながら元気でお過ごしください (^^)/

 

簡単手作り「はるはな食事用マスク」♡ フリーサイズ

2021年5月7日[記事URL]

コロナ禍で「マスク会食」を心がけています

私が日頃使っている手作りの「はるはな食事用マスク」をご紹介します (^^)

身近にあるものを活用して “手縫い” で作りました


正面から見ると縦長の「歌えるマスク」に似ていますが …

それでは左側からご覧ください


つけたままでも “ペットボトルのお水” が飲めるんです
しかも誰にでも装着できる “フリーサイズ”   (^^)v


さっそく作り方をご紹介しますね (^^)/

“型紙なし” で簡単に作ることができます

材料:
・ハンドタオル(24㎝×24㎝)
・コットン紐(90㎝)
・綿テープ(1㎝幅×9㎝)

たったこれだけです



作り方:

「ハンドタオル」の中心 … 中央が高くなるように1.2㎝幅にして写真のように全部で5つの “タック” を作ります
中央の “タック” の両サイドの “タック” は細めに2つずつ作って全体の横幅を17cmに整えてから縫います

“タック” で形状をつけるので鼻にうまく添って装着できるように仕上がります


「コットン紐」は25㎝と65㎝の長さに「綿テープ」は3等分(各3㎝)の長さにカットします

「綿テープ」の両サイドを内側に折りこみ「コットン紐」をおおうようにして「ハンドタオル」の裏側に縫いつけます
表面から見て右側に短い「コットン紐」を6㎝間隔をあけて2ヶ所縫ってとめます
逆側に長い「コットン紐」を縫いつけて紐の先はほつれないように結びます



これで完成です

 

〈 装着の仕方〉
右側の “輪” の形をした紐を耳にかけ左側の紐は耳の上から 右斜め下方向 にもっていきます


先を丸く “輪”してから右側の短い紐に長い紐を入れて “輪” の部分を引きぬきます
(右手の親指と人差し指でつかみながら輪を引きぬきます)


“輪”
に左側の手で持っている長い紐を通して右耳の下の位置で “リボン片結び” します

(頭に合わせて調節しながら結んでください)


必ず … 右の耳の下の位置で結んでください

この位置で結ぶことがポイントです

マスクの位置が固定されるので
安定した着け心地のまま食事できます
いちいち「マスク」を外さずに食事時間を過ごせます


右手でお箸を使う時にちょっと左手で
「はるはな食事用マスク」をめくるだけで食事が摂れます
左利きの方は「コットン紐」を逆につけると使いやすいです
またペットボトル飲料も飲みやすいです

「はるはな食事用マスク」の特徴は「フリーサイズ&使用感が良いこと」
「安定感のある着け心地」が “魅力” です

「マスク会食」が大切とわかっていてもストレスになりがち …


完璧な飛沫防止とはいかないかもしれませんが …

今できることを考えて実践しましょう!

できないことを指折り数えていると気持ちが塞いでしまいます
通り抜けなくてはいけない “地球規模の試練” & “世界難”
まだしばらく続きますが工夫しながら生活することが “健康維持”“免疫力アップ” に良い影響をもたらすはずです

皆様にもおすすめいたします
どうぞご活用ください ♡
(はるはな健康応援団)

身近な病「腹部の色々なヘルニア」

2021年3月28日[記事URL]

『さんのう健康講座』に参加しました

コロナ禍で会場参加の講座やセミナーは中止されていましたが緊急事態宣言解除されたので感染拡大防止しながら人数制限で開催されました

今回のテーマは …
『身近な病 腹部の色々なヘルニア』
~その原因、注意すべき症状と治療~

お話しくださるのは 山王病院 消化器センター長 磯部 陽(いそべ よう)医師です

 

 

ヘルニアの定義とは …
臓器または組織の全体もしくはその一部が本来存在する部位から 先天性あるいは後天性の裂隙(れつげき)を通じて脱出する状態のことを言います
発生部位による分類は「椎間板ヘルニア」「腹部ヘルニア」「脳ヘルニア」

今回は「腹部の色々なヘルニア」についてのお話です
「腹部のヘルニア」とは … 腹壁にできた隙間などから臓器がはみ出てしまう病気です

鼠径部(そけい部)のヘルニアを一般に「脱腸」として知っている人が多いと思います

脱出する臓器は …
・腹腔内脂肪・小腸・大腸(S状結腸/盲腸/上行結腸)
・膀胱
・子宮/卵巣
・胃(食道裂孔ヘルニア)

「腹部ヘルニア」の年間手術件数がかなり多いと伺いました
その中でダントツに多い下腹部や太もものつけ根の鼠径部(そけいぶ)に膨らみや痛みを感じる「鼠径ヘルニア」は50代以上の男性に多いとのこと …
症状が軽ければ注意深く経過観察できますが自然治癒しませんので治すためには手術が必要です
保存的治療として “ヘルニアバンド” による圧迫など一時的な症状の軽減をはかれることもありますが適切な判断が必要ですね
“嵌頓”(かんとん)という脱出した腸が元に戻らなくなり血流障害が生じた時には緊急受診が必要です
この状態で戻らなければ緊急手術 … 「鼠径ヘルニア」は手術でしか治せません
手術は病状と全身状態や施設の方針(病院によって違い)から手術の時期と方法が違うそうです
正しい知識を学んで怖い病気と感じました

手術方法は組織縫合法(そしきほうごうほう)・切開法・メッシュ(人工膜)などありますが 身体に負担が少なくて安全な腹腔鏡手術も増えています
腹腔鏡手術を安全に行うための専門医制度やシミレーショントレーニング等のお話も聞かせていただきました

鼠径部以外の「腹部ヘルニア」についても教えていただきました

久しぶりに当日会場で参加の健康講座に参加できて充実した時を過ごしました

 

お天気が良かったので帰りがけに近くの東京ミッドタウンでお花見も …




とっても美しい見頃の桜を眺めてから … 家路につきました (^^)v

 

「口腔ケアでコロナ・肺炎の予防に繋げる!!」

2021年2月21日[記事URL]

「新型コロナウイルス感染症」が国内で確認されて1年以上が過ぎました

 

ウイルス感染予防には体の免疫力を低下させないことが大切です


“口腔衛生”
“全身の健康状態” は “密接な関係” にあります


お口の中の細菌は喉・食道・胃を通って腸にたどり着きます

お口の中が不潔だと「腸内細菌」のバランスが乱れてしまい全身の免疫力が弱くなってしまいます

「腸内細菌」のバランスが乱れてしまうと … 全身疾患が発症しやすくなります

 

 

最近頻繁に聞かれるようになった “誤嚥性肺炎”
喉の筋肉が弱くなって食べ物や唾液が気道に入ってしまい起こる “肺炎” のことです
特に “歯周病” がある人はリスクが高いです

また “歯周病菌” が血流にのって全身へばらまかれてしまうと免疫が乱されてしまいます
その結果 … 体のあちこちで炎症を起こします
全身疾患の 「糖尿病」やその他多くの病気「アルツハイマー型認知症」の原因になるとも言われています

毎日の “口腔ケア” をしっかり継続することが “感染症予防” につながります

“お口お掃除” = “口腔健康管理” ウイルス感染予防水際対策なのです

毎日の歯磨き&舌掃除と定期的な歯科でのプロフェッショナルケアをしながら過ごしましょう! (^^)/

 

“はるはな” 「お顔の体操」「表情筋と滑舌のトレーニング」も有効です
お顔から喉にかけての筋肉を大きく動かします
日頃から飲みこみに必要な “お口と喉の筋肉” を意識的に使って過ごすことが大切ですね

マスクをつけていても笑顔でしっかり鍛えましょう ♡ ♡ ♡ (^_^)v

 

「いちご畑で摘み取り体験」

2021年2月6日[記事URL]

とっても美味しい 「いちご」に出逢いました (^^)

先日 … 知人から摘み取ったばかりの元気な「いちご」をいただきました

その美味しさに感激したので摘み取り場所をおしえてもらい “いちご畑” へ向かいました


栽培されている “ハウス” へ足を一歩踏み入れてた途端 … その光景におもわずニッコリ笑顔になりました (^^)/

たくさんの実をつけた「いちごの世界が一面に拡がっています

 

 

感染症対策の消毒と手袋にマスク姿 … それから摘み取りのコツの説明を教えていただきました

「体験摘み取りパック」はパックに入れてセロハン紙がとめられる量まで摘み取ることができます
「体験摘み取りパック」ハサミを持って摘み取り開始です!

ハウス内をゆっくりめぐりながら真っ赤に色づいた「いちご」を大切に摘んでいきます
「どれを摘み取ろうかな?」
育ちの良い
「いちご」が話しかけてくれているように感じられます 💖
ほら … こんなにたくさん摘み取りました

 

 


“いちご畑”
の様子です 🍓 🍓 🍓

大きなハウスの中はとってもあたたかいのでコートはいりません
棚の上に置かれた苗からぶらさがるように実をつけて成長していきます
枝の先にはたくさんの 🍓 🍓 🍓 が育っています

 

 

枝(茎)がしっかりしているのでうかがったら「栄養が届くために大切 …」と説明してくださいました
なるほど … ですね 🍓

 

 

たわわに実をつけた美しい 🍓 🍓 🍓
しあわせ気分急上昇中⤴⤴

 

❝上原さんちのいちご畑❞ オーナーの上原さんと …(川崎市)


持ち帰って盛りつけてみたら …
お皿にのりきらず他にもまだあります (^^)v

 


美味しくて健康に良い “ビタミンC” がたくさ~ん!
“幸せの花” が開いたようなイメージです 💓💓💓
かじってみたら … 中までしっかりと赤く熟していてとっても美味しい ~ です (^^♪

 

嬉しい “健康効果栄養”
「いちご」には “ビタミンC” が豊富に含まれています

“ビタミンC” には抗酸化作用があります
“風邪予防” “肌再生” の強い味方

また “カリウム” “ポリフェノール” “キシリトール” “カルシウム” “マグネシウム” “食物繊維” など たくさんの栄養素が含まれています
美味しく食べて “免疫力アップ” します (^^)v

生のまま食べることができる手軽さも嬉しいですね


お天気にも恵まれてステキな一日を過ごすことができました 💗
5月頃までがシーズンなので健康のためのハイキングを兼ねてまた訪れたいです!

 

2021年を元気に … “自分らしく充実した毎日を過ごすために …”

2021年1月16日[記事URL]

新しい年になって半月が過ぎました
新型コロナウイルスに不安を感じながらの生活はすでに1年続いています

第3波の感染拡大・感染悪化による緊急事態宣言が発令 …

ストレスを抱えながらの生活がこの先も長引くと思われますからメンタルへの影響も大きく心配されます


そんな時には少しだけ立ち止まって自分を見つめなおす時間を持ちましょう

 “自分らしく充実した毎日を過ごすために … ”


ゆったりした気持ちになって大きく深呼吸 …

書き出してみるのも一案です
自分の気持ちを整理できるようなシートを作りました

 

 

プリントアウトしてご活用ください (^^♪

2021年を元気に…自分らしく充実した毎日を過ごすために…

 

自分をみつめる時間 …
肩の力が抜けてお顔の力みもゆるんで素直な自分が見えてきます ♡ ♡ ♡

支えてくれているたくさんの顔が浮かんできます
「ありがとう … 」
笑顔になれますね (^^)

そしてまた歩き出しましょう!
元気な仲間と一緒に …

 『牛の歩みも千里』    


健康&元気のためにも 笑顔でコツコツ がんばらなくっちゃ … (^^)v

(はるはな ♡ 健康応援団)

 

2021年新年のごあいさつ

2021年1月3日[記事URL]

新年あけましておめでとうございます 🐄

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

 

 

「辛丑」(かのとうし)の新しい年を迎えました

「辛」… 新しくなろうとしている

「丑」… 種から芽を出そうとしている状態

このような意味があるそうです

2021年は転換期なのですね
先を明るく見て前進しましょう!

 

“牛” は私たちの生活にたくさんの関わりがあります
牛乳・ヨーグルト・チーズ・バター・お肉・靴・バック etc.
様々な品となり私たちを支えてくれています


歩く速度は遅い “牛” ですがコツコツと地道に頑張る姿勢が感じられます
昨年からのコロナ禍が続いていますが希望を胸に前進しましょう

 

🌸 はるはな 🌸 は皆様方の健康のために工夫を重ねながら一歩一歩 確実な前進を重ねて参ります

穏やかな気持ちで過ごせる日に向かって一緒に頑張りましょう 💚


令和3年 正月
はるはな 常岡 治恵

 

Withコロナ時代「高齢者の健康二次被害」予防について(スポーツ庁)

2020年12月20日[記事URL]

「新型コロナ感染症」流行が生活に与える影響はたくさんあります

様々なストレスで行動を制限せざるを得ない厳しい毎日 … それに伴い 「活動量低下」が懸念を抱きます
“運動不足”  “肥満”  “脚力低下” の健康への影響が心配です

 

健康な高齢者が2週間 家の中であまり動かないようにすると … “脚の筋肉が3.7%減少した という報告があります

これは “約3.7年分の老化に相当します!”


今日は『高齢者の健康二次被害』について11月にスポーツ庁が国民に向けて発した「予防ガイドライン」について一緒に考えましょう

 

 

ずっと 「心身ともに健康で過ごせるように」
先ずは日常生活で意識的に自らの体に目を向けましょう
なにか変化があれば気づくことができますね
そのうえで … 社会との接点を工夫しながらコミュニケーションを続けましょう

元気でいるためには “バランスの良い食事”・“継続的な運動”・“密を避けながらの外出” が基本です
運動不足は転倒や持病の悪化のリスクが高まるだけではなく認知機能低下による認知症の発症のリスクも高まります
お天気の良い日中に太陽の日差しを浴びながら(姿勢を保ち)外出して積極的に体を動かしましょう

免疫力を高める情報も活用しながら … またお互い様の精神で協力し合いながら …
年末年始も元気で過ごしたいですね (^^)/

 

お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

新着情報
カテゴリー
はるはなYoutube動画
『毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング』 動画DVD付きだからわかりやすい!毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング
健康!元気!いきいきレシピ
このページをお友達に知らせる