歌と健康 表情筋トレーニングのはるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはな健康レシピ

「茗荷」を収穫しました

2022年9月22日[記事URL]

今年も「茗荷」の収穫の時期を迎えました

我が家の「茗荷」は毎年9月のお彼岸が近づいた頃が収穫時期です
少し遅め … たいていの家では8月が収穫時期のようですね
とっても暑い夏でしたが今年もいつもと同じ時期に姿をみせてくれました (^^)v

世の中がざわついていても決まった時期に収穫できるって嬉しいです
かたくなりがちな気持ちを自然にリセットしてくれます


好きな人にとっては魅力的な「茗荷」
独特の良い香りがしますね
冷ややっこ・お素麺・味噌汁・酢の物・天ぷらをはじめ薬味など様々なお料理に活用できます

とっても魅力のある「茗荷」ですが …「茗荷」を食べると物忘れする・馬鹿になると言う話を聞いたことがある方いらっしゃいますよね

その以来は …
その昔お釈迦様の弟子に チューラパンカ という弟子がいました
何故か物覚えが悪くて自分の名前さえも忘れてしまうのです
仲間の修行僧にもばかにされて首から名札を下げて修行 … 落ちこんでしまう チューラパンタカ

お釈迦様は チューラパンタカ に箒(ほうき)を渡して「さあ チューラパンタカ “ちりをはらう、あかをおとす” と言いながら掃除をしなさい。それがお前の修行だよ」と話されました
チューラパンタカは来る日も来る日も一生懸命に掃除に励みました
しかしいくら掃除をしても汚れを取り続けていないと またすぐに汚れてしまいます

チューラパンカは「そうか、心の “ちりあか” は取り続けなければいけないんだ」と気づきました
掃除をすればするほど自分の心は清々しくなっていくのです
こうして真心こめた行いにより晴れ晴れした気持ちになって悟りを開くことができたのです

さてチューラパンカが亡くなってそのお墓のまわりに草が生えました
独特な良い香りがする草で食べてみるととても美味しい味と食感です
名札を背中に背負っていたチューラパンカにちなんで「茗荷」と名付けられました

本を読んで覚えることが大切なのではなく … 実践の大切さを伝えるお話です
生きていると色々と大変なことに出逢いますが前進していこうと努力することで悟る(分かることができる)ことを示しています

「茗荷」の栄養や健康について …
ほとんどが水分(95%)なのでカロリーは少ないですが “血流促進効果” があるので私のように冷房が苦手な人の “冷え対策” に効果が期待できます
「カリウム」が含まれています
冷房の効きすぎた部屋で長時間過ごさなくてはならない環境にいて “血流が悪くなってしまいむくみやすい” 等の悩みがある
人は積極的に食事に散り入れてほしい食材です

私が毎年作っている “常備菜のレシピ” 「茗荷の梅酢漬け」をご紹介いたしますね

材料:茗荷・梅酢・煮沸した空き瓶

作り方: きれいに洗って水けをしっかり切ってから煮沸した空き瓶に「茗荷」を入れて隙間が少なくなるようにしっかり詰め「梅干を作った時に出る “梅酢” をヒタヒタになるくらいまで入れて漬けこみ冷蔵庫で保存します


数日たてば “梅酢漬け茗荷” は美味しく食べられます
 “梅酢効果” でとっても鮮やかな色に仕上がります

冷蔵庫に入れておけば長期間もちますから “五目ちらし寿司” を作る時に “紅生姜” 感覚で刻んで飾って楽しんでいます
香りも色合いも美しく仕上がって美味しいですよ

地球温暖化の影響を受けた海洋生物や台風災害を受けてしまった農作物被害などのニュースが増えています
「春夏秋冬」の営みを感じられると気持ちがやさしくなれます
私にとって貴重な時間です

 “季節に収穫される食品” を積極的に食べると体が喜びます
健康づくりは食事から … 美味しく食べられる幸せタイム
大切にしながらこれからもコツコツ前進します (^^)/

 

「スイカ」の酢和え物

2022年8月31日[記事URL]

暑い日は冷やした「スイカ」を食べて水分補給すると生き返ったような気持ちになります
季節に収穫のされた果物を食べると体が喜んで元気になれますね

今日は新しい「スイカの皮」のレシピを紹介いたします

材料
・スイカの皮(白い部分)
・塩もずく
・新生姜
・しらす
・米酢
・きび砂糖
・塩
・お醤油
・水

作り方
「スイカの皮」は緑色のかたい部分を剥くように取ってから切ります
「塩もずく」は水につけて塩抜きしたら水けを切って適当な長さに切ります
「スイカ」「もずく」の量の割合はお好みですが仕上がりの色合いを考えてください


③ 米酢にきび砂糖・塩・お水を入れて火にかけて沸騰したらお醤油を香りづけ程度入れて火を止めて冷まします
「スイカの皮」「もずく」細い千切りにした「新生姜」「しらす」を加えて和えたらできあがりです


作ってすぐにいただきました (^^)
「美味しいですよ♡ ♡ ♡」
さっぱりした味ですが「しらす」が味をまろやかに一味美味しく仕上げています

「スイカの皮」に含まれているスーパーアミノ酸シトルリン” は強くてしなやかな血管を作る効果があります
“動脈硬化緩和”“血管を拡げる作用” だけでなく “むくみ予防効果” もあります
「もずく」に豊富に含まれている “フコイダン”“生活習慣病““がん予防効果“ 
「しらす」には “カルシウム” が多く含まれています
「新生姜」は体を温め “新陳代謝を良くする効果” があります
初夏から秋口まで出回る「新生姜」のみずみずしい食感と香りが大好きです

和食は季節を感じることができます
季節に収穫されたものをシンプルなお料理で楽しむのが好きです (^^)v

明日から9月 … 「スイカ」の時期からブドウなどの秋の収穫に季節がうつりますね

美味しく食べていつまでも笑顔で健康に!

元気でいましょうね (^^)/

パープルクイーン「梅ジュース」

2022年6月24日[記事URL]

「パープルクイーン」という 赤紫色 した “小梅”
一粒の重さは5g程度です

栽培されている地域が限られていて収穫量が少ない希少な “小梅” です
見るからに健康になれそうな色合いですね (^^)


赤紫色 = “アントシアニン”
一般的な梅より “アントシアニン” が多く含まれています (^^)


「梅ジュース」
を作るため先ずはきれいに洗ってから水けをていねいにふき取ってヘタをとり一晩冷凍します
きれいな瓶に「パープルクイーン」と同量の「氷砂糖」を交互に重ねてしばらく置きます
美しい色に仕上げるために無色の「氷砂糖」を使いました


「氷砂糖」
が全部とけたらできあがりです


「梅ジュース」
をお水で5倍に薄めていただきます
とてもきれいなワイン色 … また良い香りがします


「とても美味しいです!」(^^)v
炭酸割にも向いていますね


「梅」
に含まれている “クエン酸” は疲労回復効果があります
代表的なアルカリ性食品の「梅」
生活習慣病の予防のために また冷房病対策 … 血流改善のために
梅雨時から夏にかけて積極的に摂取したいですね

昨日大きな2Lサイズ 赤紫色 「パープルキング」という名前の「梅」を見かけたので早速買いました
下ごしらえのために冷凍庫に入れてあります
明日にでも仕込む予定です

「パープルクイーン」×「パープルキング」

できあがったら飲み比べするのが楽しみです ♡ ♡ ♡

私たちの体は日々の 食事睡眠運動 のバランスが健康に大きく影響します
毎日の生活にこだわって “健康維持” を心がけています (^^)

釣りたて新鮮「イサキ」の唐揚げ

2022年5月13日[記事URL]

南房総エリアでは「イサキ釣り」のシーズンをむかえているそうです

新鮮な釣りたての「イサキ」をいただきました (^^)


お魚が大好きな私
先ずは「塩焼き」でいただきました
旬のお魚はシンプルに焼いていただくのが一番美味しいです (^^)v

今日は三枚におろして「唐揚げ」を作りました
中骨と頭は汁物にします


軽く塩をしてから小麦粉に少し片栗粉を加えたものをまぶして油で揚げました

レモンをキュッと搾って香りづけ程度に “牡蠣醤油” を少量たらしていただきます
淡白な味かと思っていましたが …
「脂がのっていてとっても美味しい!!」
質の良いたんぱく質と脂のバランスが良い白身のさっぱりした味が魅力です

頭は小さめですが中骨は太くしっかりしているからでしょうか?
美味しい出汁がしっかり出ていて汁物も最高の味です (^^)v
まるごと1尾ぜ~んぶ美味しくいただきました

お刺身・焼き物・揚げ物・煮物など …
和食に限らずイタリアンや中華料理などのレシピでも美味しくいただけそうです

「イサキ」には DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれているので “生活習慣病”“動脈硬化” の予防効果があります
ホルモンバランスや老化予防の抗酸化作用に効果がある “ビタミンE” も含まれています

体の健康と美容効果がある … 嬉しい味方の食材です

“季節の食材を美味しく食べて健康に!”

ずっと元気な笑顔で過ごすためには …
食選力が大切です (^^)v
(健康万歳!)

旨味とろける「牛すじ肉の甘辛煮」

2022年2月21日[記事URL]

旨味とろける絶品「牛すじ肉の甘辛煮」
時間をかけて作ると柔らかくなって頬っぺたがおちるほど美味しいです

お肌に嬉しいコラーゲンがたくさん含まれていて脂が少ない「牛すじ肉」をお料理しました (^^)v

我が家の台所には煮込み料理が得意な “圧力鍋” が頻繁に登場します
下処理をしてから “圧力” をかけてお料理すれば早く仕上がります

材料:
・牛すじ肉
・こんにゃく
・砂糖
・味醂
・お醤油
・日本酒
・水

作り方:
①お鍋にお水と「牛すじ肉」を入れて火にかけて下茹でします(アクが浮いたら取ります)
「牛すじ肉」をお水を入れたボールにとり汚れをていねいに洗って取り除いてから適当な大きさに切ります(しっかり下処理すると臭みがなくなり美味しく仕上がりますのでこのひと手間が大切です)
③“圧力鍋” に「牛すじ肉」とお水適量・あ酒を入れて “圧力” をかけて12分加熱したら火を止めます(お鍋によって加圧時間はちがいます)
④半日ほど置くとスープの上に脂が分離して浮いてかたまるので取り除き捨てます
 加熱によって「牛すじ」から溶け出た “コラーゲン” がゼリー状にかたまっています(スープがたくさんあるので半分量を “コラーゲンスープ” としてストックしました)
⑤お鍋を弱火にかけスプーンで切ったこんにゃくを入れお砂糖・味醂・お醬油(少なめ)を加えてコトコト40~50分ほど煮込みます
お醤油は二度に分けて加えながら煮ると深い味わいに仕上がります(自分の好みの味に仕上げましょう)


「はい!できあがりました!」


トロトロ感がたまらない … とっても美味しいですよ ♡ ♡ ♡
手前味噌ですが本当にたまらない美味しさ … 大満足の私です ☆ ☆ ☆
これを “醍醐味” というのでしょうね (^^)

「牛すじ肉」は牛のアキレス腱など腱のついたお肉で特有のニオイがあります
とてもかたい肉質なのでていねいに手間をかけて下処理してから長時間煮込んでやわらかくお料理します

“コラーゲン” が豊富に含まれていて低カロリー
神経の機能を正常に保つ “ビタミンB12や骨粗しょう症の治療薬に使われる “ビタミンK” も含まれている女性に嬉しいメニューです

旨味たっぷりで健康に良い食事を楽しんでいます ♡(^O^)

「大根」と「がごめ昆布」の早煮小鉢

2022年2月10日[記事URL]

冬野菜の「大根」を使ったお料理はたくさんあります
今回は栄養バランスが良い薄味の “簡単時短レシピ” をご紹介いたします

材料:
・大根
・がごめ昆布(細切り)
・ベーコン(燻製ベーコン)
・砂糖
・お酒
・お醤油

作り方:
「大根」を2~3㎝位の輪切りにしてからスライサーで薄く切ります
「ベーコン」は細かめに切ります
お鍋に「大根」「がごめ昆布」「ベーコン」「水」を入れて火にかけます
砂糖・お酒・お醬油を加えて7~8分弱めの中火で煮たらできあがりです



大根を薄く切って煮るので火の通りが早く仕上がります(時短とは思えませんよ … )
一晩置くと味がしみこんでより美味しさが増します ♡

「がごめ昆布」「ベーコン」から出る自然なダシが美味しく仕上げてくれます
「ベーコン」の塩味をいかして薄い味付けでお料理しました
塩分控えめなのでたくさん食べられます (^^)v

「がごめ昆布」は他の昆布に比べとても粘りが強いのが特徴です
粘りの中に健康や美容に良い栄養成分が豊富に含まれています

乾燥させると粘りが増す “ねばねば物質” のフコイダン」には抗腫瘍作用・抗血栓作用・皮膚細胞の活性化などの効果があります

ビタミンCをたっぷり含んでいる旬の野菜
「大根」「がごめ昆布」「ベーコン」の旨味がマッチした やさしくて懐かしい味です

子供からお年寄りまでみんな一緒に味わえますよ
副菜としてたっぷり食べて健康アップを目指しましょう!
そしていつまでも若々しさをキープしましょうね (^^) (健康万歳!)

 

「大根の葉の漬物」… 野沢菜漬け風

2021年11月13日[記事URL]

農家の野菜直売所で収穫したばかりの「大根」を買いました

大根の「葉」の長さは白い「根」の部分とほぼ同じくらいありますね
新鮮ですから丸ごと … 栄養が豊富に含まれている「葉」も全部いただきます

大きな「大根の葉」“野沢菜漬け風” に作りました

材料:
・大根の葉 1本分
・麵つゆ(3倍濃縮)大さじ5
・米酢 大さじ1
・塩 小さじ1
・水 120cc
・鷹の爪 適量

作り方:
「大根の葉」を洗ってからラップに包み 600Wのレンジで3分位加熱します(大根の大きさによって加減してください)
手早く冷水を通してからザルにあげて水けを切ります

「漬けダレ」を作ります
お鍋に “麵つゆ” “米酢” “塩” “水” を入れて火にかけひと煮したらすぐに火をとめて冷まします
「大根の葉」の水分を絞ってから「漬けダレ」に入れ “鷹の爪” も加えて漬けこみます


ジップロックに入れて冷蔵庫で一晩寝かせます
このように仕上がりました (^^)


さっそく食べてみたら …
シャキシャキした歯ごたえで美味しいです ♡

レンジで加熱してから漬けこんだせいでしょうか … 歯切れよい食感はお年寄りにも食べやすそうです

“茎”“葉” を分けずにそのままお料理したので調理時間は10分位 … 簡単時短レシピ です
日持ちもするのでうれしいな … ♡ ♡ ♡

「大根の葉」には美容や健康に嬉しい栄養成分のビタミンA・ビタミンC・鉄分・カリウム・カルシウム 等が含まれています
また 食物繊維も豊富です

寒い季節が定番の “おでん” をはじめ様々なお料理で楽しみたいですね (^^)v

 

「へちま」のおひたし

2021年10月24日[記事URL]

小さめの「へちま」は食べられるそうです

日本では沖縄や九州の一部のみ食材にしています
沖縄では「ナーベラー」鹿児島では「いとうり」と呼んでいて夏野菜のゴーヤと同じような存在です

今回はじめて「へちま」を収穫して “おひたし” を作りました

胡瓜くらいの長さですが ふたまわりほど太く ずんぐりとした形です

 



作り方

皮を剝いてから適当な大きさに切って2分位茹でたら水けを切ります
“砂糖” と “お醤油” で味付けして “新生姜” を加えて冷蔵庫で一晩置きます
水分が多いので少し濃いめの味付けにしました
胡瓜のように白っぽかったのですが一晩置いたら緑がかった美しい色になっています

 

 

どんな味なのかしらと少しかまえながら食べた「へちま」“おひたし” の味は …

「とても滑らかな食感で美味しい … これはいけますよ」(^^)
他の瓜とはかなりちがった美味しさに感激です!
食欲がそそられる癖のない魅力的な例えようのない味にたちまち幸せ気分急上昇 ⤴⤴⤴

“ビタミン” や “ミネラル” を豊富に含んでいるため “美容” や “健康” にも嬉しい夏野菜

なるほど … “美肌効果” も期待できるのですね (^^)v
気候変動の影響で10月下旬になってからの思わぬ産物の「へちま」

昭和の頃には各家庭の台所やお風呂場で重宝に使われていた「へちま」
スポンジが主流になった今ですが “食用” から “たわし” までと活用範囲が広い天然素材の「へちま」に親しみを感じています

最初に実をつけた「へちま」もすくすくと … たくましく育っています
今後も楽しみながら観察を続けますね ♡

「紫蘇の実」の 梅酢しょうゆ漬け

2021年9月30日[記事URL]

「紫蘇」がたくさんの実をつけています

小さな穂先に白い花を咲かせる季節 … それは秋の訪れのほんの限られた時期です
数日後にはすべてが「実」に成長します
食べ頃 = 収穫時期は短いです


「紫蘇の葉」
は夏の間 お料理や “薬味” として毎日食卓に登場しました
「紫蘇の実」は先ず天ぷらを作っていただきました (^^)

“ビタミン” が豊富に含まれていて特に “βカロテン” の含有量は野菜の中でトップクラスです
皮膚や粘膜の “健康維持” 効果が大きく期待できるお手軽野菜
ほとんど毎食 … 香りを楽しみながら食べています

今日はたくさん積んで「梅酢しょうゆ」に漬けこみました
水で洗ってから水けをしっかり切ったら茎から「実」をしごいて取ります
量が多いのでアクで指先が少し黒くなってしまいました


瓶いっぱいに詰めました
そこへ「梅酢」「お醤油」を同量入れます
このまま冷蔵庫で保存します


数日で食べられますが長期保存が可能です
素材を活かしたシンプルレシピです
炊き立てのご飯にのせて食べるのが最高に美味しいです (^^)v
「紫蘇の実」のプチプチ食感が好きです ♡ ♡
これ … かなりいけますよ

🍙 おにぎりの具にするのも大好きです
五目ちらし寿司の上にのせるのも美味しいです
「抗菌作用」があるのでお弁当に少し入れるのもおすすめします

美味しく食べられると笑顔で過ごせますね ヽ(^o^)丿
自分らしい幸せな時間を重ねながら コロナに立ち向かいましょう!
健康万歳!!

「豆かん」ヘルシーデザート

2021年8月16日[記事URL]

甘いもの大好きです ♡
お気に入りの “甘味処” で「あんみつ」「みつ豆」にソフトクリームがのっているを食べたいのですが …
自粛生活なのでしばらく我慢の日が続きます

それなら作ってしまおう!と決めました

「棒寒天」は常備しているのですが … 「大豆」や「小豆」のように手軽に買えない「赤えんどう豆」
探していた「赤えんどう豆」を偶然みかけたので買ってきました (^^)v
よかった … 「赤えんどう豆」なかなか売っていないのです

量がたくさんあるので「豆かん」を作ることにしました


一晩 … お水でもどします


少しの粗塩を加えて “塩ゆで” しました
たくさんあるので残りのお豆は適当な量に小分けにして冷凍保存します
こうしておくと使いたい時にすぐに使えるので便利です

「寒天」は水でもどしてから火にかけて煮溶かし型に入れて固めます
彩りを楽しめるように少しの量を別容器に取り「抹茶」を加えたのも作りました
「黒蜜」は沖縄産「黒砂糖」と水で作りました
あとは盛りつければ完成です …


お豆をたっぷりのせました
さっそくいただきま~す ♡

お豆の香りと味がしっかり感じられて美味しい (^^)v
きっと手作りならではの食感ですね
素朴な味わいがどこか懐かしい … ほっこりした気持ちになれます
体に良いものを食べていることが実感できます

「寒天」「赤えんどう豆」「黒蜜」だけのシンプルな組み合わせなので素材の良さが決めてですね
カロリーも控えめなヘルシーデザートですがお豆がたくさん入っていますから小腹空いた時などにもおすすめします

「寒天」はテングサなどの海藻が原料で “食物繊維” をとても多く含んでいます
食べると “食物繊維” が水分を吸収して膨らむので腸の動きを活発にしてくれます
「赤えんどう豆」にはビタミンB1・サポニン・不溶性食物繊維など疲労回復や生活習慣病の予防や改善の効果が期待できます(サポニンは免疫機能向上/血流改善/脂肪蓄積抑制/老化抑制効果があります)

いずれも “便秘解消” “美肌作り” をサポートしてくれる優れた健康食材ですね

コロナ禍だからこそ より健康維持の意識を高めた毎日の食事にこだわっています

この数日は基本の「みつ豆」“白玉団子”“餡” 季節の “フルーツ” などでアレンジしながら楽しみます (^^)v
和の甘味の魅力の幅はたくさんありますね

美味しく食べて健康に過ごしましょう!

 

お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

新着情報
カテゴリー
はるはなYoutube動画
『毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング』 動画DVD付きだからわかりやすい!毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング
健康!元気!いきいきレシピ
このページをお友達に知らせる