歌と健康 表情筋トレーニングのはるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなblog > 脳の老化と認知症の克服

脳の老化と認知症の克服

2012年12月5日[記事URL]


       勉強 高齢期を豊かに生きる ブログを書く

        脳の老化と認知症の克服 

第53回 日本神経学会学術大会 市民公開講座 に行きました

主催 : 日本神経学会 

共催 : 文部科学省 「脳科学研究戦略推進プログラム」

会場 : 東京医科歯科大学M&Dタワー2階 鈴木章夫記念講堂

                                (お茶の水駅下車 すぐ)         

はるはな
      

日本の第一線で御活躍されていらっしゃる先生方ばかりが お話して

くださるプログラムに 私は心地よい緊張感で参加させていただきました

慶応義塾大学病院神経内科 鈴木規宏教授の司会で始まりました 

ニコッ 鈴木教授は 以前 私の母がお世話になったことのある先生で

先生のステキなお人柄にあこがれてもいますので嬉しかったです 踊る

内容は専門的な難しいお話でしたが ガンバっ 一生懸命にメモをとりながら

勉強させていただきました

講演1 認知症とは? -とても大切な脳のお話ー

     水澤 英洋 先生(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究所)

講演2 レビー小体型認知症を正しく理解する

      伊東 大介 先生(慶応義塾大学医学部神経内科)

講演3 前頭側頭葉変性症の臨床像と病態

      祖父江 元 先生(名古屋大学大学院医学系研究科)

講演4 脳卒中、認知症を予防する生活習慣

      冨本 秀和 先生(三重大学大学院研究科)

講演5 アルツハイマー病の根本治療をめざして

       岩坪 威 先生(東京大学大学院医学系研究科)

とても難しい内容でした 頭をフル回転させながら必死に鉛筆をはしらせ

細かいメモをたくさんとりましたが 今回まず始めに感じたことは

素晴らしい先生方が 素人のあまりわからない私達に

このような勉強のチャンスを作って下さっていることに

感謝の気持ちが湧いてきました

超高齢化社会をむかえた今 日頃から皆が興味を持って

知識を少しでもたくさん知っていくことが大切と思います 大切

また たくさんの持ち帰れる資料もありましたし

参加者全員に日本神経学会のマークがついた かばん

カバンをお土産にいただきました

為になる貴重なお話をたくさん聞かせていただくことができて満足です

次回も是非…参加させて頂きたいと思っています

ペコリ ありがとうございました ありがとう

お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の前の記事
«
カテゴリ内の次の記事
»

PageTop

新着情報
カテゴリー
『毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング』 動画DVD付きだからわかりやすい!毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング
健康!元気!いきいきレシピ
このページをお友達に知らせる