歌と健康 表情筋トレーニングのはるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなblog > 糖尿病の HbA1c が変わりました

糖尿病の HbA1c が変わりました

2012年9月16日[記事URL]

病院 糖尿病 は 慢性的に血糖値が高くなる病気 です

健康診断のとき 基本の注射血液検査の中に 糖尿病の診断の為に含まれている

大切な検査の判断基準が変わりました

HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)と読み 過去1~2ヶ月の血糖値の平均を

反映し、糖尿病の診断にも使われます

国際標準化に伴い 2012年4月から 新しいHbA1c (NGSP)が使われます

これまでのものから およそ0.4%高くなります

新しいHbA1c(NGSP)値が6.5%以上の場合は糖尿病が強く疑われます

Q&A Q HbA1cについて詳しく説明してください

      A HbA1cは国際的に広くしようされているHbA1c(NGSP)と

         日本でこれまで使用されてきたHbA1c(JDS)があります

         今後は日本でもHbA1c(NGSP)を使用する事になりました

例えば … これまで6.1%が 2012年4月から+0.4% の 6.5%

現在 医療機関によっては 両方書かれている場合もあります

大切な値ですからチェック チェック してくださいね

糖尿病はふだんの食生活が大きく影響します

現在 糖尿病の判断区分は 「糖尿病型」 「境界型」 「正常型」 の3つです

いったん 糖尿病になってしまうと厄介な病ですから 境界型 と言われた人は

先生 医師の指導のもと 十分な予防を意識した生活を送りましょう

現在「糖尿病型」「境界型」(糖尿病予備軍)の人は5人に1人の割合です

焼き魚 食生活はもちろん 適度なダンベル?運動 質の良い睡眠。 睡眠 を心がけて

健康維持しましょう!!



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

新着情報
カテゴリー
『毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング』 動画DVD付きだからわかりやすい!毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング
健康!元気!いきいきレシピ
このページをお友達に知らせる