歌と健康 表情筋トレーニングのはるはな

健康増進&のばそう健康寿命

HOME > はるはなblog > 呼吸の基本(1)

呼吸の基本(1)

2014年5月11日[記事URL]

歌を歌うことが健康に良い影響をあたえることは 誰でも知っている情報です
では「何故?歌うことが健康に良いのでしょうか?」
答えはたくさんあります
体の仕組みを知ると視野がグッと広がりますので 私と一緒に考えてみませんか?
     ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡
「呼吸」は 生まれた瞬間から始まり 毎日誰もが常に行っているのですが
「呼吸」の目的や仕組みを説明するのは難しいですね…
日常茶飯事行っている呼吸について きちんと理解することも大切なことですから
シリーズで少しずつ確認したいと思っています
呼吸なしでは生きていけないことは 誰でも知っている事実ですが
呼吸の目的と仕組みをきちんと理解できれば
日常生活はもちろん 歌うことによる効果もよくわかりますので
より積極的に腹式呼吸で歌いたくなるはずです!
歌って健康を維持するために…少しゆったりとしたテンポで一緒に考えてみましょう
普段は意識されにくい呼吸…身近であるがゆえに普段はあまり意識していませんね
生命維持に欠かせない最も大切な私たちの体の機能でもあります
もちろん大切な機能はこればかりではありませんが
もしも息が苦しくなってしまったら体を動かすことさえ難儀です
私たち(生物)がたえず行っている呼吸とは 大気中の酸素を体に取り込み
体内の栄養素を生活に必要なエネルギーに変える仕組みです
酸素を取り込んで二酸化炭素を排泄
いかに新鮮な酸素をしっかり取り入れ 余分な二酸化炭素を
しっかり排出できるかが大切です
肺は弾力性のある臓器ですが動かしているのは呼吸筋です
肺は空気を取りこむ力はそなえていません(驚く方が多いと思います)
呼吸筋を鍛えることで体へ取り込む酸素量を増やすことも可能です
呼吸筋を動かすことによって 肺にとり入れられた酸素は
血管をとおして全身にくまなく運ばれます
血流改善も視野に入れることに目を向けてみると
健康になる”秘訣”が よ~く解ってきます
例えば 深呼吸を5~6回位 行っただけで 頭がスッキリした覚えはありませんか?
ふだんより体が大きく広がって自然にたくさんの空気を体に取りこんでいます
簡単な深呼吸を時々…意識的に行うことでも
酸素をより体にとりこむことができるのですね
                             (続く…)

お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の前の記事
«
カテゴリ内の次の記事
»

PageTop

新着情報
カテゴリー
『毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング』 動画DVD付きだからわかりやすい!毎日歌って簡単健康いきいきトレーニング
健康!元気!いきいきレシピ
このページをお友達に知らせる